准看護師学校の年齢制限と入学条件・必要な資格

看護師には「正看」と「准看」と呼ばれる2つの資格に分かれます。多くの医療系の仕事でもそうですが、准看として働く場合も必要な資格を保持していないと就業することが法律上できないため、医療現場で勤務するにはまず資格の取得が必須になってきます。准看護師の方が資格取得しやすいメリットがあります。

准看護師になるためには、准看護師になるためには、中学校または高校卒業後に、准看護師養成所で2年間の勉学します。または中学校卒業した後に、衛生看護科がある高校で3年間通った後、各都道府県知事が行う准看護師試験に受験して、合格すれば准看の資格を得ることができ働けます。

准看の養成所では社会人の入学も可能になっています。基本的に義務教育が終了して養成所に2年間通学して規定の講座を学んでいれば、最短で17歳から准看の試験を受験できます。養成所や専門学校では一定の年齢制限を入学条件にしているところもありますが、年齢制限がないところもあります。

入学費用は、私立や公立かによっても多少違ってきますが、だいたい平均相場としては約150万から200万ぐらいになります。養成所では奨学金制度を設けているところもありますので、費用を工面できない人はその制度を利用することもできます。

美容クリニック 求人