薬剤師なるにはどんな勉強が必要?

高齢者が増えた現在は在宅医療を受けている方が増えています。在宅医療とは通院が困難な患者さんの自宅に訪問して薬剤治療を行います。

薬剤師だけで医療行為を行うのではなく医師、看護師、介護師やケアマネージャー達と連携して治療を行っていきます。薬剤師の仕事内容を説明します。

まず、在宅医療を受けている患者さんは高齢者や体の不自由な方が多く服用しなければいけない薬の管理がご自分では困難な場合が多くみられます。

飲み忘れがおこると病気が悪化してしまい手遅れや副作用に苦しむことになりかねません。

薬剤師はこのような事態を避けるために患者さんと向き合い患者さんにあった形で調剤をおこないます。患者さんによっては複数の病気をもっている方もいます。その場合は薬の飲み合わせも考えなければいけません。

数種類ある薬を飲み忘れのないように一つにまとめたり、副作用がきつい場合は薬を変更するなど在宅薬剤師の仕事内容は経験が必要となります。

在宅医療の薬剤師は医師や看護師やケアマネージャーとのかかわりも大きくまた、患者さんに服薬指導や飲み忘れを防ぐため複数の薬を一袋にまとめたり薬歴管理など患者さんと大きくかかわる事が在宅薬剤師の仕事内容となります。

薬剤師 求人