薬剤師になるための学校はどこにある?

薬剤師になるためには、学校に行く必要がありますが、学校はどこにあるのでしょう。

薬剤師になるには、大学の薬学部に行かなければなりません。ほとんどの大学には薬学部があるので、全国どこの大学を受験しても問題はないでしょう。

ちなみに、国立大学で薬学部があるのは、北海道大学、東北大学、千葉大学、東京大学、富山大学、金沢大学、京都大学、大阪大学、岡山大学、広島大学、徳島大学、九州大学、長崎大学、熊本大学になります。但し、国立大出身者で薬局勤務の薬剤師になる人は少なく、大学院に進学し、製薬会社の社員になる人が大半です。

国立大学出身は、国の省庁や研究者になる人も少なくありません。薬剤師になるには、大学の薬学部6年制課程を卒業し、国家試験に合格しないとなることはできません。

薬剤師になるための学校は全国にあり、どこの大学を受験してもかまいません。基本的に、6年制の薬学部を卒業して国家試験に合格すれば、薬剤師になることはできます。薬剤師になるためには、全国にある大学の薬学部に進学し、卒業して国家試験に受かることです。

薬剤師 転職